サイトニュース

【JACTFL】特別講演会のご案内10/9(土)

 
 
Nutzerbild Admin (教育部会) VDJapan
【JACTFL】特別講演会のご案内10/9(土)
von Admin (教育部会) VDJapan - Freitag, 10. September 2021, 13:13
 
10月9日(土)にJACTFL主催特別講演会をオンラインで開催します。
9月12日(日)のオンラインシンポジウムとは異なりますのでご注意ください。そちらも継続して申し込みを受け付けています。

JACTFL特別講演会
「日本の大学教育の未来を考える -「大学入試のあり方に関する検討会議」の議論から-」

開催日時:2021年10月9日(土)15時00分~16時30分
費用:無料
講演者:芝井 敬司(関西大学理事長)
講演題目:「日本の大学教育の未来を考える -「大学入試のあり方に関する検討会議」の議論から-」
会場:Zoom
参加希望の方はこちら(要申込 先着300名)
https://bit.ly/38ehWAz
※Zoomの関係で、参加可能上限人数がありますので、早めに申し込み頂きますよう、お願いいたします。 もし、講演会前日の10月8日(金)になっても案内がメールで届かない場合は、事務局までご連絡くださいますようお願いいたします。
主催:一般社団法人 日本外国語教育推進機構(JACTFL)

関西大学理事長芝井敬司先生の講演会を開催致します。

芝井敬司先生は、文部科学省の「大学入試のあり方に関する検討会議」の委員として、英語以外の外国語教育の重要性、英語偏重の問題点、多文化の重要性について何度も発言されました。英語偏重に凝り固まった委員会で、まさに孤軍奮闘での発言でした。
議事録の残る文部科学省の会議で、ここまで英語偏重の問題点、複言語・多言語教育の重要性を発言された委員は初めてだったと思われます。
文字通り四面楚歌の状態でも一歩も引かずに発言された内容などについて、まとまった形でご講演頂きたいと考え、今回の講演会を企画しました。題名は、「日本の大学教育の未来を考える -「大学入試のあり方に関する検討会議」の議論から-」として頂き、まさにこちらの意図に沿った内容となっております。

多くの方の参加を願っております。改めて、英語偏重の問題点、複言語・多言語教育の重要性についての共通理解を深めたいと思います。

プログラム予定
15:00~15:15
挨拶と開催趣旨説明 山崎 吉朗(日本外国語教育推進機構理事長)
15:15~16:15
ご講演 芝井 敬司(関西大学理事長)
16:15~16:30
質疑応答