サイトニュース

第2回「ドイツ語教育部会アイディア賞コンテスト」

 
 
画像 VDJapan Admin (教育部会)
第2回「ドイツ語教育部会アイディア賞コンテスト」
2022年 07月 18日(月曜日) 08:03 - VDJapan Admin (教育部会) の投稿
 
以下の通り、第2回「ドイツ語教育部会アイディア賞コンテスト」を開催します。
ドイツ語を学ぶ学生のみなさん、ドイツ語の教員のみなさん、ふるってご応募ください。
ドイツ語教員のみなさんはぜひ、学生さんに情報を広めていただければ幸いです。

目的: 新しい提言やアイディアを募ることによって、ドイツ語教育に関わる者同士が刺激しあい、交流を深めること。また、ドイツ語学習への関心を高めること。

概要: コンテスト形式で、ドイツ語学習に関連するアイディアをプレゼンテーションし、優秀なアイディアは表彰されます。

日程: 2022年10月29日(土)13:00-16:00

形式: オンライン

テーマ:「こんなオンライン授業ならドイツ語学習がもっと楽しくなる!」
こんなオンライン授業だったらもっと楽しくドイツ語を学べる!というアイディアをビデオにしたものを募集します。

条件: ①ビデオの時間:10分程度 ②提案する授業活動の時間:最短30分〜最長90分 ③授業中にアプリを利用する場合は無料のもののみとします

応募資格: 高校生以上。チームでの応募も可。教員の応募も可。

応募方法: 下記の応募申込用紙をダウンロードして記入し、提出先のメールアドレスにお送りください。折り返し、動画データのアップ先をお送りします。

提出先: shomu-open[AT]vdjapan.org
※ [AT] は半角の @ に置き換えてください。

応募締切:2022年9月30日(金)

審査: 提出されたビデオおよび書類の審査を行い、参加者多数の場合は、コンテスト当日の出場者を選抜します。コンテストでは、10分程度のビデオを流し、その後質疑応答(日本語)の時間をとります。ドイツ語能力は審査の対象としません。

表彰: 最優秀賞と優秀賞には賞品(ドイツ語学習グッズ)が贈られます。

主催: 日本独文学会ドイツ語教育部会
共催: Goethe-Institut Tokyo
協力: Hueber Verlag、ドイツ語教科書協会(朝日出版社、郁文堂、三修社、同学社、白水社)

応募申込用紙はこちら
チラシはこちら